シャムやヒマラヤンなどの耳、鼻先、手足の先が黒くて目の色素が薄い(水色)ポインテットと言うカラーの子は温度によって毛色の変わる不思議な猫だったのです(((o(*゜▽゜*)o)))

温度によって色が変わるのは「サイアミーズ遺伝子」に温度感受性がある為で、
体温が高いと色素形成が抑えられ、体温が低いと色素が正常に形成されます。

胴体は体温が高いため白くなり、
手足などの末端は体温が低いため色が濃いのです。

(うちの猫の場合は特に背中)
夏は気温が高いため白っぽい毛色になり、
冬は気温が低いので暗い毛色になります。

夏が近づき、そろそろ身体の濃い色の毛が抜けて白くなっていくのかと楽しみですが、
抜け毛がすごくてコロコロ掃除が大変ですヽ(´o`;

∴∵K∵∴