東京・六本木に今年4月にオープンした、スヌーピーミュージアムにやっと行ってきましたー!

デビュー当時から現代のSNOOPYのお出迎えでまず興奮。
このミュージアムは2018年9月までの期間限定(予定)で、半年に一回展示テーマが替わるので9/25まで開催されていた『愛しのピーナッツ。』を堪能してきました。

SNOOPYはアメリカの新聞で約50年連載されていた「PEANUTS」の主人公チャーリー・ブラウンの愛犬として登場し、『世界で最も有名なビーグル犬』として世界中で愛されつづけています。

今回は「PEANUTS」の原画やアニメーションのセル画、ビンテージのオモチャや作者チャールズ・シュルツさんと家族や友人とのエピソード、スヌーピーに想いを寄せる各界の著名人のエピソードが紹介されていました。

館内のあちらこちらにSNOOPYとなかまたちが描かれていて、トイレの壁にもいるのでトイレ待ちの行列もイラストを見ていればなんのその。
併設のカフェは「PEANUTS」をテーマにしたメニューで、どれもこれも美味しそうで迷っちゃいます。お料理はドッグディッシュに盛り合わされて出てくるなんて、もう堪りません!

次回の展覧会は『もういちど、はじめましてスヌーピー。』が10月8日から始まります!
みなさんも是非「世界で最も有名なビーグル犬」のミュージアムへ!

skrk