皮膚科

愛犬や愛猫に

こんな症状はありませんか?

このような症状が見られたら、皮膚病の可能性があります。
動物病院では皮膚病は多くみられる病気の一つです。
  • 痒がる
  • 頭を振る
  • フケが多い
  • ぶつぶつがある
  • 毛が抜ける

こんな病気の可能性があります

犬の主な皮膚病

アレルギー性皮膚炎

原因物質(アレルゲン)に過剰に反応することで痒みが出たり、皮膚が赤くなったりします。食物が原因の場合を指します。柴犬には特に多く認められます。
基礎疾患としてアレルギー性皮膚炎を持っていると、皮膚が炎症を起こしやすく、二次感染を引き起こしやすくなります。食事療法、投薬などにより治療をしていきます。

膿皮症

皮膚に赤いぶつぶつができたり、瘡蓋ができたりします。痒いので、足で体を掻いたりしきりに舐めたりします。
しっかりお薬を飲んでから休薬しないとすぐに再発し、悪化しやすくなります。
前述のアレルギー性皮膚炎など、基礎疾患となるものを持っているケースが多いので、原因をしっかり追求する事が大切です。

猫の主な皮膚病

真菌性皮膚炎

飼い始めたばかりの子猫さんにも多い病気です。脱毛が主な症状です。培養検査やWOOD灯検査で診断します。
感染も心配な病気ですので、先住猫さんがいて、子猫さんを迎え入れる際には皮膚の状態を必ずチェックしましょう。塗り薬や飲み薬で治療していきます。

疥癬

激しい痒みが特徴です。それに伴い脱毛や落屑が現れます。感染も心配な病気です。塗布薬(予防薬)で治ります。日頃からの予防習慣が感染予防にとても重要です。悪化してくると皮膚の痒みがとても強いので、早期発見が重要です。

当院の皮膚科治療の特徴

  1. 原因をしっかり把握し、治療へむかうので安心

    皮膚病は様々な要因が考えられます。当院では最初の段階で、しっかりとした検査を行い、皮膚病の種類や原因を究明してから治療を開始いたします。

  2. それぞれのペットに適した治療を

    投薬のみに限らず、食事療法、予防習慣、シャンプー、外用薬など、多角的な視線から治療を行います。それぞれに適した治療をご相談します。

  3. 科学的根拠のある医療をご提供

    EBM、根拠に基づく医療を実践します。常に研鑽する事で最新の情報を学び、提案いたします。獣医療は日進月歩で、新しい検査や治療法が日々検討されています。多くの情報を集める事でその動物にあった治療を提供します。

当院の皮膚科治療の流れ

  1. 1 受付・問診

    説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。

  2. 2 身体検査

    説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。

  3. 3 検査・処置

    説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。

  4. 4 今後の治療計画のご説明

    説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。

  5. 5 会計・次回予約

    説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。説明文が入ります。